あっち向いてホイ! で確認できること

e0203762_850877.jpg


首を動かす方向を大きく分けると主に6つ。

1.上
2.下
3.右回旋(右を向く)
4.左回旋(左を向く)
5.右側屈(右に傾ける)
6.左側屈(左に傾ける)

1.~4. が あっち向いてホイ!に使う動きです。

動かしやすい向きと動かしづらい向きがありますか?
極端に違う人は上部頸椎にズレがある可能性大です。
(実際は差がない人でもずれている場合、多し)

ポイント
あっち向いてホイ!の基本動作1.~4.は


椎骨のズレ(変位)の方向に動かしやすい。


何気ないことですけど、5kgの頭部を支えている土台である上部頸椎にズレがあれば、
当然支える筋肉は慢性的に緊張しやすい状態にあり、
首や肩の凝りや緊張性頭痛の大きな要因になります。
また脳へ繋がる椎骨動脈にも影響しますので、これまた頭痛や眩暈などを誘発することも。



ウチの患者さんでアジャスト後、上に向くのが楽になったと大変喜ばれている方がいました。
何を喜ばれていたかといいますと、



1.缶コーヒーを飲めるようになった。

2.背泳ぎが出来るようになった。


上記の理由では病院も行きづらかったとのことでした。
缶コーヒーと背泳ぎですから。

病院では、どのような治療をするのか、少し興味もありますが。。


あっち向いてホイ!をやる機会はあまり無いですが、
首に痛みがある人は当然避けた方が良いですし、
そうでない人も積極的にやらない方が良いと思います。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内  
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/13331695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2010-10-02 09:06 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)