かわいい子にはアジャストを受けさせよ(上部頸椎の)

e0203762_6273243.jpg



かわいい子には旅をさせよ


「子供は、甘やかして育てるより、手許からはなしてつらい経験をさせ、
                    世の中の辛苦をなめさせた方がよい」(広辞苑)



その通りですよね。。

しかし、生まれてくる前から生命の旅は始まっています。
受精卵から成長し、産道を通ってオギャーと生まれてきます。
ひと仕事、終えてます。

ここで頭の片隅に置いておいて欲しいことを一つ。





出産は上部頸椎がズレる最初の機会であるということ。




そのうち、こんなことで気付くことがあります。




「ウチの子、よく転ぶなぁ。。」


診てみると、左右の足の長さがはっきり違います。
上部頸椎のズレによる背骨の補正作用により、骨盤が歪んだ結果です。


※足を引っ張ったり、靴底で合わせたりしないで下さい。


でも、
子供に上部頸椎のアジャストできるのですか? 
と思われるのではないでしょうか。




できます。




大人でもそうですが、いわゆるボキボキということは一切しませんし、
外力により骨を動かそうとするものではありません。

椎骨のズレの方向を調べて、中指でほんと軽くアジャストします。
「これで終わりですか?」が正直な感想でしょう。
e0203762_629262.jpg


プリンが潰れないでプルプルするくらいの圧です。。。
かわいい子を旅に出す前に、軽くちょんと。。
転ばぬ先のアジャストです。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内  
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/13457970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2010-10-20 06:37 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)