首と骨盤の関連性  ~上部頸椎アジャスト後の姿勢変化

e0203762_96046.jpge0203762_962521.jpg左が調整前、右が調整40分後の姿勢です。
調整とは上部頸椎一箇所のアジャストメント。
皆さん、左の写真(調整前)を見て何処に目がいきますか?

・首が右に傾いている
・右肩が下がっている

その通りです。
あと、もう一つ。
骨盤が右に移動していて、
シャツにしわが寄っています。

比較して右の写真ですが、

・首の傾きは残っています。
・右肩はやや上がりましたが、まだ下がっています。
・骨盤の右移動がなくなり、シャツのしわが消えています。
・体の補正による歪みが取れてきた分、背が伸びています。



尚、これは意図的に姿勢矯正をしたものではありません。
上部頸椎のアジャスト後、イネイトにより体が調整された40分後の経過
であり、イネイトによる調整はこの後も続きます。

また本来の姿勢が首に傾きがあり、片方の肩が下がっているも人もいます。
故に無理やり揃えようとする必要はありません。
むしろ規格品のように外力により左右対称にしようとするのは
ナンセンスです。体は左右対称ではありません。

上部頸椎のズレにより生じた脊柱の歪みであれば、
時間の経過と共に変わっていきます。

頭部と上部頸椎の位置関係が修正されることで、
以下の脊柱はドミノ倒しのように調整されていきます。

頭部の重心が正中に近づけば、体の重心である
骨盤部も自ずと正中に近づきます。

骨盤は色々な治療法やダイエットなどで注目を集めていますが、
あくまで脳により動かされる体の一部なのです。


天野カイロプラクティック・オフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/13661566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2010-11-19 09:13 | 姿勢変化 | Trackback | Comments(0)