身体と電気製品 故障時対策の一例

先日オフィスで使っているファクシミリ複合機のプリント機能の調子が悪くなりました。
FAX受信は問題ないのですが、内容をプリントアウトすることが出来ないのです。
早速カスタマーセンターへ電話し、詳細を話したところ、修理の必要があると言われました。

ところが、
コンセントの抜き差しなど色々行い、一日経過したら、普通に動き始めました。
一体何だったのでしょうか。

話は変わりますが、
家電はコンセントに差し込みプラグを繋げることにより、電力で動きます。
身体は脳から神経系を通して神経エネルギーにより機能します。

上部頸椎カイロは変位した上部頸椎をアジャストすることで
神経伝達妨害を取り除き、神経エネルギーの流れを円滑にし、
身体機能の回復と維持を促します。

復活したファクシミリ複合機に行ったコンセント抜き差しなどの処置と
一日経過させたことは、上部頸椎をアジャストして小一時間休んでいただくことと、
少し似ているのかなぁ~と思ってみたりしました。

部品交換などは、特に必要がなかったわけですから。
実際は全然関係ないかもしれませんけど。。。


天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/13980405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-01-14 10:42 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)