協会のオフィス紹介制度

今年に入って3回目の土曜日。
早いですね。

年が明けて、ウチのオフィスでは患者さんから あること でとても喜ばれました。
あること とは、私が所属する日本上部頸椎カイロプラクティック協会のオフィス紹介制度のこと。

協会では患者さんの希望があれば、認定オフィスどこでも受けられる様、
カルテやこれまでのデータを新に受けられるオフィスへ転送し、
従来どおり受けられるようにシステム化しています。
例えば、引越されて遠方より通われるより、交通の便の良いオフィスへ通われた方がいいですよね。

上部頸椎カイロプラクティックでは病気、症状を診ているのではなく、
サブラクセイションの有無を診ている訳ですから、これが可能なのです。

検査結果を客観的に確認し、サブラクセイションがあれば、
アジャストメントを希望されるかを患者さんにお尋ねします。
結果は従来通われていたオフィスへしっかり報告します。
次回以降、再び元のオフィスで受けられても問題ありません。

患者さんのことを第一に考えて生まれたシステム。

こちらが協会認定オフィスです。
補足:認定オフィス間においてカルテ、データが転送されたオフィスでは改めて初回料は頂きません。


天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/13985107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-01-15 09:54 | オフィス | Trackback | Comments(0)