人類はイネイトを模倣しながら世界を築いている

イネイト・インテリジェンス (innate intelligence)
このブログに度々出てくるカイロプラクティックの重要なキーワード。

直訳すると「先天的知能」「内なる叡智」です。
「生来、生命体に備わった知能」「私たちを生かしている源」
など言い表し方は幾つかあります。

とはいえ、実体を目にすることは出来ませんので、
その表現が正しいかは本当のところ?ですが、概念としては妥当なところだと思います。

先天的知能に対して、
生後、学び習得した知識や情報を後天的知能と呼んでいます。
たとえば「私たちを生かしている源」という言い回しは私の後天的知能から出た表現です。


赤ん坊は母親から母乳の飲み方のレクチャーを受けません。
欲しくなったら泣き、胸をあてがうと自ら乳房を探します。
これは赤ん坊の先天的知能によるものです。

幼児はミルクが欲しいとコップを差し出します。
誰かからコップに注いで飲むことを教わったからです。
これは幼児が得た後天的知能によるものです。

私たちは幼児がミルクをコップに注いで飲むように、
世の中に適応し、より効率的な方法を求め、社会を構築しています。
文明とは・・後天的知能により、それが繰り返された結果、成しえたものです。

鳥の飛ぶという先天的知能の模倣から飛行機が存在し、
虫の空中にとどまることが出来る羽ばたきからヘリコプターが、
鯨のように深く潜ることから潜水艦という発想が生まれます。

近年では鮫の鱗をヒントに水着が開発され、
強い弾力性をもつ次世代線維が蜘蛛の糸から模倣されているとのことです。


私たち人類は他のものの特性を見分け、応用・開発する能力に長けています。
反面、自らに備わった能力に関しては、あまり関心がなく軽視する傾向にあるかもしれません。
健康に関しても同様、
自らの先天的知能よりも後天的知能により開発された薬を信頼する傾向があるのでは。。


先天的知能 × 後天的知能

上部頸椎カイロプラクティックは
健康分野において、特有の視点からの可能性を追求しています。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/14045634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-01-25 09:08 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)