無自覚を数値で自覚してみる

頭の重みは約4~5kg。
5kgの米袋、結構重いですよね、あれ位です。

普段そんなこと気にしませんよね。
それでついつい時間を忘れて、PC・読書・編み物・・・・・

気がつけば、首肩がちがち。。
でも、それは当然の結果なのです。
頭、5kgですから。

前方に傾けた頭部を後頭下筋で懸命に引っ張っている訳ですよ。
結果、それが緊張性頭痛の要因になります。
それで我慢できなくて薬に頼ってしまう。。
薬で症状が消えれば再び同じことを繰り返してしまう。

もしそうだとしたら、この悪癖を断ちましょう。
PCに向かう時にアラームでもセットして、
その状態から抜け出すよう心掛けましょう。

と言っても、
そんなに真面目に行う人なんて実のところ皆無ですよね。

ちなみに首を10度傾けると、首に掛かる負荷は2倍に増えるとのこと。
頭5kg、10度で2倍の10kgの負荷が首に掛かるということは
・・・ 米袋2つ、コレある意味拷問。

上部頸椎も当然ズレて首痛や凝りに止まらず、全身の不調和を引き起こすという仕組み。
そのような時は検査してズレが確認されれば、迷わずアジャスト。
一箇所のケアが全体のケアです。


天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
by amanochiro | 2011-03-07 09:27 | 上部頸椎カイロプラクティック