上部頸椎アジャスト前後の姿勢変化

e0203762_197136.jpge0203762_1972114.jpg本日いらした30代男性の患者さんです。特に気になる症状はないとのこと。。となると対症療法でしたら特に何もすることがないのですが、上部頸椎カイロは元々症状を診ていませんので、いつも通りに上部頸椎カイロの目的を説明して検査してアジャストさせていただきました。上部頸椎カイロの目的とは上部頸椎の変位による神経伝達妨害を取り除き、神経エネルギーの伝達をスムーズにするということ。その結果、ご自身に内在する力が神経系を通して身体を調整するのです。というわけで左の写真がアジャスト前、右がアジャスト40分後の姿勢。ポイントは施術者が意図的に姿勢の矯正をしたわけではないということ。繰り返しになりますが、患者さんの脳が神経系を通して身体の調整を行います。写真の掲載を快く承諾して下さいましたKさん、有難うございました。






天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/14931003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-06-10 19:11 | 姿勢変化 | Trackback | Comments(0)