カイロプラクティック・ブースター

カイロプラクティックを支持し後押ししてくれる人を
カイロプラクティック・ブースターと言います。
後押しとはカイロプラクティックの独自性と効果を
理解し周囲の人に広めてくれることです。

上部頸椎カイロプラクティックは如何なる症状でも
上部頸椎一箇所しかアジャストしません。
膝痛の人は上部頸椎のズレと膝の痛みを関連させることは
一般常識的に難しいです。
それでも良いと思うから試しに受けてみたらと薦めてくれる人が
カイロプラクティック・ブースターです。

よく分からないけど薦められたから受けに来た
という方は結構いらっしゃいます。
オフィスでは必ず検査、調整に入る前に
上部頸椎カイロのメカニズムや目的を説明します。

8~9割方は瞬時に理解されます。
残りの方はよく分からないけど受けてみますと言われます。
稀に自分が思っていたのと違うということで受けられない方もいます。
でも、それは問題ありません。
納得されて受けられることが大切だと常々思っていますから。

広告、宣伝という訳でもありませんが
不特定多数が目にする機会があるものはホームページや
ブログ位で、特に宣伝はしていません。
サイトを見られた方も多くの場合、紹介されて検索されているようです。
口コミとは本当に有難いものです。

良かった、効果があった、また行こう、あの人を紹介しようということを
広めてくれる人がいなければどんな職業でも存続しません。

今月は三鷹の方から初回で受けられる方が多いです。
上部頸椎を広めてくれる方がいらっしゃるからです。
大変有難いなぁ~とう思いが湧き出てきますので
ブログにその思いを留めておきました。


天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15013360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-06-25 18:59 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)