上部頸椎アジャスト前後の姿勢変化

e0203762_1951557.jpge0203762_1954741.jpg70代の女性の患者さんです。気になる症状が幾つかあります。症状に対してリハビリを含めて通院もされています。それに対して上部頸椎カイロでは症状への施術は行いません。左がアジャスト前、右が上部頸椎をアジャストして約40分後の姿勢です。また左はこれまで色々な治療を受けられていた結果の姿勢、右は神経伝達が良くなり脳が身体を調整する過程の姿勢とも言えます。上部頸椎カイロは姿勢を正すのが目的ではありませんが、身体機能を低下させる原因を取り除くと結果は自ずと変わっていきます。姿勢変化はその一部。あとは時間の経過と自己管理が必要です。写真の掲載を快諾して下さいましたH様、有難うございました。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15051523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-07-02 19:14 | 姿勢変化 | Trackback | Comments(0)