高い枕からの離脱をオススメします

枕が高くないと眠れないという方は結構います。
e0203762_16292921.jpg


検査で仰向けになって頂くのですが、このような方もいらっしゃいます。
e0203762_16303139.jpg


頭が浮いて着きません。支えるものがないので痛みを伴う人もいます。

起きてみたらこんな感じ。
e0203762_16312356.jpg


次第に背骨も後彎してきますので、
仰向けになると背骨が当たって痛くて寝れなくなります。
結果、左右を上にして寝ます。
寝返りもできないので身体が固まった状態で休むことに。
結果は首のみでなく、背中、肋骨、腰、色々なところに痛みが出ます。

上部頸椎の調整も大切ですが、枕の高さを見直すことが重要です。
一気に枕の高さを低くすると激痛で大変なので、
タオルを重ねて段階的にタオル一枚分くらいずつ
高さを下げていきながら、適応させてはと思います。
タオル一枚ならば、それ程違和感なく段階的低く出来るのではと。。

この方法が全ての人に向いているかは分かりませんが、
このままだとあまり好転は期待できそうもないです。

寝ながらTVが見やすいとか本が読みやすいという理由で
枕を高くして寝るのが日常化してますと、
あとあと大きなツケが回ってきます。
皆様、お気をつけ下さい。




天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15146016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-07-20 16:37 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)