身体は脳が動かしている・・の確認

伏臥位にて左右の足を交互に挙げていただき、どちらが軽いかを聞きます。
e0203762_17305167.jpg


これは骨盤を構成する仙骨の傾き、平たく言えば骨盤の歪みの確認。

「左足が軽い」「同じくらい」「よくわからない」
「両足とも重い」「両足とも挙がらない」など答えは様々。

先日いらした患者さんは「両足とも重い」と答えられました。


アジャストして40分休んでいただき、再検査。

すると、

「うわー。両方とも軽い。。」


これ、どういうことか少し解説しましょう。


足を持ち上げるのは筋力という所までは皆さん理解されています。


では、筋肉はどのように動くのか?

これは脳から神経を通して筋肉に命令が届くことによって動きます。

そしてその命令は必ず首を通って伝わります。

e0203762_1725399.jpg

左側がアジャスト前の脊柱両側の皮膚表面温度、
温度が高い方に赤、オレンジ、黄色と表示されます。

右側がアジャスト後、左右ほとんど温度差がないの確認できます。
神経伝達妨害が取れ、脳からの命令が滞りなく身体へ伝わる状態に変わりました。

つまり

前エントリーのこれが
e0203762_1873428.jpg

こうなったということ
e0203762_1875685.jpg


高齢者の方でオフィスへいらした時は
足が前に進みづらそうだったのに帰りはスタスタと帰られる方がいます。
本人は全く気付いていない場合もありますが、
神経伝達が良くなることで足の運びがスムーズになるのです。

改めて身体は脳が動かしていると実感しますよ。


天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15173245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-07-25 17:43 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)