こだわり ~ちょっとしたことだけど譲れないこと



“これは譲れない”
ということ、誰しも一つ二つありますよね。

私の場合はこんな時、
友人を介して初対面の人を紹介してもらう場面。


友 「天野君です。整体の仕事をしてます。」

私 「整体、、整体じゃなくてカイロプラクティックだけど」

友・初 「・・・・・?」

友 「上部頚椎っていう、首の治療してるんだよ」

私 「いやいや、、治療じゃなくてカイロプラクティックですけど」

友・初 「・・・・・?」

初 「そりゃ良かった。最近、首痛いんですよ。治療してもらおうかな。」

私 「いや、、治療はしないんですよ」

初 「・・・・・」

友 「またまた、、してくれるじゃん。。首をカツんと。。」

私 「それアジャスト、、治療じゃないから、、」

友 「でもアレをやることで、色々なことが良くなるんだったら、治療じゃん。。」

私 「いや、俺自身は首を調整して神経伝達を良くしてるだけだから」

友 「だ~か~ら 、、それが治療でしょ。。」

私 「いやいや、、神経伝達の妨害、取ってるだけだから、、」

友 「お前、何言ってんの、、だからそれが治療でしょ。」

私 「うん。だから患者さんの脳が神経を通して身体を調整してくんだよ。」

友 「じゃあ、、お前が治してんじゃないの。」

私 「うん。患者さんの自然治癒力。」

初 「・・・・・」

友 「でも、患者さんの自然治癒力で良くするきっかけはお前の治療じゃん。。」

私 「いや、治療じゃなくてアジャストメント」

初 「@?@?@?」

友 「面倒くせいなぁ。 だ~か~ら 治療がアジャストメントなんでしょ。」

私 「いや、違う。。アジャストメントは治療じゃなくてカイロプラクティック。」

友 「??まあ、いいや。お前のやってること分かりづらいよ。」

私 「本当は凄くシンプルなんだけど。」
  「治療とか治してもらうという発想しか出来ない奴には簡単に理解できないな。」

初 「?@@@?@@@?」

友 「もういいや。」

私 「ところで何で最初だけ天野君で、あとずっとお前とか上から目線なんだよ。」


このような会話は今でこそありませんが、
私が上部頚椎カイロを始めた時は、こんな感じでした。

世間的なイメージとして
カイロプラクティック = 整体
アジャストメント = 治療  なんですよね。

ここで声を大にして言いたい!

カイロプラクティックの
アジャストメントは
整体治療ではないですから!!


どうでもいい事かもしれませんが、これが私の譲れないことです。




天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15433656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-09-13 22:59 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)