気になることがあっても、サブラクセイションがなければノーアジャスト

右肩が張っていたけどアジャスト後に左肩が張ってきたと
少し心配されていた患者さん。

これはアジャスト後、1㎝ほど短かった左手が揃って来た為、
それに伴い筋肉が動きますので、そのように感じる場合があります。
その後、その違和感は肩、上腕_上腕、肘、前腕というように
下がってくるかもしれませんよ。
その場合は、順調な過程ですからご心配なく。。

とお伝えしたのが一ヶ月前。
今日検査にいらしたら、言われた通りの過程を経て消失したとの事です。
ノーアジャスト。


山から転落され、上部頸椎を骨折された患者さん。
鎮痛剤も神経ブロックも痛みに変化ないと言われていました。
本日アジャスト後2週間目の上部頸椎サブラクセイションの検査。
痛みは依然まだあるとのこと。反応で宿便が出たらしい。
サブラクセイションなしでアジャストせず、次は3週間後にチェック。


一年ぶりにいらした患者さん。
腰痛で週2,3回整形外科に通われていたとのこと。
室内を移動するのに何かに摑まらないと移動できず。
一年前と全く違う状態に驚く。
今日2週間ぶりにいらして歩き方がだいぶ改善していたので一安心。
3㎝ほど短かった左足もほぼ揃ってきている。
右側に掛かっていた重心と荷重も中心、逆側へと移動。
アジャストなしで2週間後に再びチェック。


右手に痺れがある先月アジャストした患者さん。
常時あった痺れが時々というレベルになった。
本人曰く、最近すこしやる気が出ない感じなので心配。
先月よりも血行が良くなり皮膚温度が高くなっている。
血管が拡張し、筋肉が弛緩し、治癒のレールの乗っている。
以前に比べて副交感神経が優位な状態。
よって少しやる気が出ない感じ。
時間の経過でまた変わるので心配しなくて問題なし。
ノーアジャストで一ヵ月後再びチェック。

調子良いという患者さん。
データも問題なし。一ヵ月後チェック。


症状や今までの過程が違うように
回復する過程もそれぞれですが、
途中経過に問題がなければノーアジャスト。

楽になることが目的でなく、治ることを目指す患者さん。
上部頸椎カイロの目的を理解されている方にはノーアジャストは嬉しいものです。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/15514704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2011-09-20 16:49 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)