本来カイロプラクティックケアというものは・・・



患者さんが上部頸椎カイロプラクティックを継続的に
受けられる理由は様々だと思いますが、大方は以下に書いたことだと思います。
(というか、私の理想というか希望なんですけど)


まずは、医療に掛かる理由として

1.病気の治療を受ける。
2.痛いから治療を受ける。 などがあると思います。


しかし上部頸椎のアジャストメントは
病気だから、痛いからするのではありません。


上部頸椎サブラクセイション(上部頸椎のズレによる神経伝達妨害)
がある状態では身体機能が低下し体調不良になりやすく、
尚且つ自然治癒力により自力で回復する力、日常生活を過ごす上での
活力や抵抗力、環境への適応力が低下するという理由で
アジャストメントを行います。


つまり上部頸椎サブラクセイションをアジャストメントで取り除くことで
外部からの力を借りずに身体に備わった自然の力で
元気になろうということなのです。


ですから上部頸椎カイロプラクティックを良く理解されている患者さんは

1.体調が優れない時
2.症状がなかなか良くなっていかない時
3.いくら休養しても疲れが取れない時
4.免疫力が落ちていると感じた時
5.姿勢が悪くなっていると思った時


もしかして首?

ということで上部頸椎サブラクセイションのチェックにいらっしゃいます。


そこで検査にてそれは上部頸椎サブラクセイションによるものか
生活上の自己管理的な問題からくることなのかを客観的に確認します。


必要があればアジャストメントして暫く様子を診ていただきます。
後は自己管理しながら仕事に趣味に遊びを楽しみながら過ごす。
もしくは楽しみを見つけながら過ごす。


数週間から数ヶ月経過して再びサブラクセイションの有無をチェック。
サブラクセイションがなければノーアジャスト。
サブラクセイションが確認されて患者さん自身がアジャストメントを
希望される場合はアジャストメントを受けられます。

後はその繰り返しです。


病気の治療でなく健康管理なのです。
本来カイロプラクティックケアというものは。

医療、薬よりも自然や自らの可能性に着目する人には向いていると思います。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/17267092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-01-24 18:55 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)