シンプルな理論、シンプルな方法




当オフィスでは病気の診断、治療
及び痛みなどの症状緩和は一切行っていません。


と日本上部頸椎カイロプラクティック協会の正会員オフィス
では目に付くところに掲示しています。


上部頸椎カイロプラクティックは対症療法ではありませんので、
症状に対して温めたり、刺激を与えるわけではありません。
ですので必ずしもすぐに症状が取れて楽になるとは限りません。
自然治癒力は時間の経過を常に必要としているからです。


我々のオフィスにみえる患者さんは西洋医学、薬、
その他いろいろな治療を受けられて芳しい結果が出なかった後に
上部頸椎カイロプラクティックを受けてみたらと勧められて
みえる場合が少なくありません。


とはいえ、
多くの患者さんが望むことは直ぐにでも気になる症状が消えてなくなることです。




症状はなぜ現れるのか?

症状がなぜ自然に消えていかないのか?

このことを考える人は少ないようです。




先日、昨年春に受けられた中学生の患者さんが再び検査そして
アジャストメントを受けられました。

帰り際に付き添いのお母さんから聞いた話なんですが、
前回アジャストメント後に時間の経過とともに体調が良くなって
調子よく過ごされていたのですが、
最近は受験ということもありストレスからか体調が良くなかったとのこと。
そこで再び首のズレをチェックして必要ならば調整を受けたいと本人が
言われたそうです。


私はこの話を聞いてとても嬉しかったですね。

対症療法ではない、つまり症状に対しては何もしないけれど
首のズレが原因で体調不良を引き起こしているというシンプルな理論を
憶えていてくれて、その解決法が上部頸椎一箇所のみのアジャストメント
というシンプルな方法だと理解してくれたから。


これからも治療ではなく
自分自身の力で治癒する重要でシンプルなことを広めていきます。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/17336602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-02-07 18:55 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)