実体のない本質

4月です。

春です。

暖かくなってくると散歩が気持ちいいですね。
散歩していると頭に色々なことが浮かんできます。
それは良いアイデアからどうでもいい事まで。

どちらかというと後者の方が多いですが、
どうでもいい事に思いを巡らせるのは子どもの頃から好きでした。
特に意味のないこと、役に立たないこと。
だから散歩は好きなんです。


先日もこんな事を思いながらフラフラと。。


お題「実体」

実体とは概ね二つの意味があるようです。

・「本当に存在しているもの」
・「本質」

生命力とか自然治癒力とかイネイト・インテリジェンスとか
呼び名はどうでもいいのですが、
これらは顕微鏡を覗いても、最先端機器を使っても確認することは出来ません。


つまり実体がないもの。


しかし生命体としての私たちに目を向けると。。
つまり、我々の本質とはなんだ?

単なる細胞の集合体か?

いや、違う。。。


身体の内部に宿っている生命力、それがあるから生きているのです。


気に留めることもない、私たちの実体がない本質。


なんでこんなことが頭に浮かぶかって言いますと、
実体のない本質にコンタクトを取るのが私の仕事だからです。

人一人の健康を病名や医療的な観点から眺めるのではなく、
(それはお医者さんが行うこと)
患者さんの実体のない本質に接触を試みて健康回復を促すのが
上部頸椎カイロプラクティックの醍醐味、だからこの仕事が好きなんです。


4月です。

春です。

4月には色々なスタートがあります。
人生の門出があります。

人生初の門出は誕生日です。

しかし私たちを生かしている生命力はその約40週前に
スタートしているということをお忘れなく。

それは実体のない本質の始まり、私たちの本当のスタートですから。



天野カイロプラクティックオフィスのご案内 
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/17668001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-04-02 18:00 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)