自然治癒力の可能性  ~なにを提供するのか


昨日アジャストメントを受けられた方の奥様から電話がありました。

「お仕事中すいませんが、一つ報告したいことが・・・」

81歳の男性の患者さん、
触診時に首の右側が腫れているので何かと尋ねましたら、
いわゆる脂肪の固まり(脂肪腫)でご家族の方も、
もう何年も前からこの状態ですと言われていました。

その時、「アジャスト後、消える方、結構いますよ。」とぽろっと言ったんですよね、私が。


それで今日の電話、
「先生が言ったとおり、首のしこり、消えました。」と喜びの声。


他にも奥様自身のアジャスト後の反応のことなども報告を受けました。
とても喜んでくれたので嬉しかったですね。

このようなことは私も初めてではないですし、
上部頸椎カイロプラクティックでは決して珍しいことでもないのです。

そして必ず自分に言い聞かせているんです。
受けられた方や臨床の一部始終を見られた家族の方は
「先生、凄い。」と思われるかもしません。

でも、本当に凄いのは81歳の男性の自然治癒力なのだと。

私は男性の治癒力が今以上に働くようにしただけで、
どういう原理で首のしこりが消えたのかは説明できません。
それにしてもアジャスト後24時間以内に消えたのは私も初めてで少し驚きました。

ポイントは何歳になっても脳からの神経伝達妨害のない状態で
過ごすことを心掛けた方が良いということ。

肉体は老化しますけど、治癒力は老化しないですから。

この一週間は前エントリーのこともあって、
自分は「何を提供しているのか」ということを考えながら過ごしていました。


決して治癒力を過信することなく、その可能性に委ねてみる。
そうすればあなたの生活に何らかの良い結果を齎すかもしれない。
そういうきっかけをこれからも提供していきたいです。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/19188040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-11-10 19:19 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)