気っ風のいい話



先日、今まで奢った奢られたで最高額いくら?という
小市民的な会話をしていて思い出した話。


車を手放す時、友人が社用車として使いたいと言ってくれて
20万円で買ってくれたんです。

それじゃ、そのお金で何かご馳走するよ、ご飯食べ行こうってことになって
3人で天麩羅屋さんに行きました。

注文しては食べて飲んで盛り上がってました。
私も気分良く、上部頸椎の話、自然の話、宇宙の法則の話など
調子ずいてワイワイやってたわけです。

気が付いたらボトルが並んでるし、アワビの刺身とかも目の前に
あって、どんどん調子に乗って注文されてたんだけど、まぁいいやってことで。


そうしたら、カウンターの隅に座っていた男性が
「いや~。素晴らしいね~。」って語りかけてきたのです。

こっちは「えっ。」って感じです。
「騒がしくてすいません。」

「いやいや、いい話聞いたね。なんか嬉しいね、そういう話聞くの。」
かなり上機嫌です。

そのまま、「ご主人、ご馳走様。」って我々が飲み食いした分5万円も
「一緒に。」って払って帰っちゃったんです。


翌日、気持ち悪いんで5万円持って天麩羅屋さんに払いに行ったんだけど、
天麩羅屋さんのご主人も「貰ったからいいよ。」ってことで受け取らない。
当然だけど。

「ちなみにどういう方ですか。」って聞いたら

「画廊やってる人。」と言っていました。

何年前の話か忘れたけど、こういうことってあるんですよね。
また天麩羅屋さんに行って上部頸椎の話しようかな。


天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/19273732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-11-26 22:58 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)