自殺頭痛



6年ほど定期的に上部頸椎のチェックとケアに
いらして下さっているSさんと雑談含めて少し話しました。

当初の来院理由は強い頭痛、吐き気。
私は強い肩こりから頭痛、吐き気に繋がるケースだと思っていました。

しかし今日話を聞いたところにによると、
自殺頭痛と呼ばれる群発頭痛だったと聞いて驚きました。

あまりにも辛くて自殺する人もいるそうです。
"自殺頭痛 アメリカ "で検索すると確かに幾つかそのような記事が出てきますね。

ウィキペディアにはこんな挿絵が


Sさんは上部頸椎のアジャストメントを受けてから
頭痛がする時はあっても当初のものはなくなり、吐き気もなくなったと言われていました。

群発頭痛の発症理由ははっきりとは解明されていないようですね。
ウィキペディアによると血管拡張、自律神経というのがキーワードようです。

私はSさんに群発頭痛の治療をしたわけでありません。
群発頭痛だったと6年後の今日知ったわけですから。
上部頸椎カイロプラクティックの臨床上の目的は常に上部頸椎サブラクセイションから解放。
それ以上それ以下でもありません。

しかし数々の医療現場を回られて改善しなかったことがなぜ良くなったのか。。
パッと頭に浮かぶのが血管運動中枢、自律神経の中枢がある上部頸椎領域にある延髄の存在。
やはり脳と首、自律神経、脳幹は健康のキーポイントだと直感しました。




天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/19296856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2012-12-01 22:13 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)