深層へのアプローチ


氷山の大部分は水面下にあります。

目に見える部分は表層の一部。
身体に置き換えると表に現れている状態が症状と言えるでしょう。
症状が消えるというのは、あくまで表層部分の解決なのです。

水面下にある目に見えない部分が大きくないものであれば、
症状の消失は早いし、その後の経過も順調なはず。

一回のアジャストメントで良くなったというのは
どのような症状であれ、このようなケースだと
上部頸椎カイロプラクティックを実践している者なら誰もが知っていることです。

但し、水面下が巨大であれば、それなりに時間を要し、
大きく崩れることにより、違った症状(状態)が顔を見せる場合など
改善に向けて様々な過程を辿ることもあります。

根気よく深層へアプローチし経過をみる。
単にアジャストメントで終わりではない、
これが上部頸椎カイロプラクティックの深層です。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/19492852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2013-01-08 19:02 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)