システマ

ロシア武術システマの偉大なマスター、ミカエル・リャブコ先生が来日され、
3月16日、17日と東京でセミナーが開かれました。
私は17日が上部頚椎カイロスクールの卒業式だったので、16日のみの参加でしたが
実際にミカエル先生の声を聞き、動きを見、ストライクを受けることが出来たのは貴重な経験でした。


これは今回のセミナーではないですが、ミカエル先生の紹介動画です。


動画にあるような信じられない動きを目の前にして思ったことは、
「世界にはこういう人がいるんだ。」の一言に尽きます。

あそこまで凄いと自分もそうなりたいとか、少しでも近づきたいとか
微塵にも思わないもんなんですね。

只、私が学んでいるシステマ吉祥寺は
ミカエル先生のシステマをしっかりと継承していると実感しました。
凄いなと。

そして有難いなと。

何でも継承するということは大変なことですから。

カイロプラクティックでもそれなりに経験を積むと自分流が入ることがあるんだけど、
システマ吉祥寺は下ネタを織り交ぜた和やかな雰囲気まで同じと確認。

笑えます。

そしてセミナーに参加したことで、
インストラクターがミカエル先生に信用されているとよく分かりました。

人間性を含めた実力を認められているんだなと。


昨年末にインストラクターから

「天野さん、上達したよ。」って言われたので、

「ヨシさん(インストラクターの名前)のおかげですよ。」と返したら、

「いや、俺なんにもやってないから。」との答え。

ヨシさん曰く、みんな自分のペースで勝手に上達するとのこと。

「俺が育てた。」とかインストラクターが言っているようでは駄目だと
システマの偉大なマスターも言われているようです。



話は変わりますけど、
私も上部頚椎のアジャストメントで患者さんが良くなったとき、
それで天狗になるなと再三先生から言われたことを思い出しました。
患者さんの治癒力により自分のペースで勝手に改善していくからです。

「俺が治した。」と言っているようでは、
全くスペシフィック・カイロプラクティックを理解出来ていないということ。


スタンスはシステマのインストラクターと同じなんですよね。

「俺なんにもやってないから。」

素敵な言葉です。


日々の臨床とシステマ。
時々共通点に気づいたりしてることも最近の楽しみの一つです。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/19961741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2013-03-18 13:56 | システマ | Trackback | Comments(0)