システマのブリージングウォークで山歩き



システマが重要視することの一つに呼吸がある。
よくワークの始めに1歩で息を吸って、次の1歩で息を吐き、それを繰り返し暫く歩く。
それを順に2歩で吸って2歩で吐くというように10歩まで行う。
それから順に10,9,8・・・・1まで戻し、
最後に呼吸を自由に一番リラックスした状態で歩く。

私はこのワークが好きで、たまにオフィスまで15分くらい歩きながら実践している。
深酒した翌日の鼻つまりや風邪の初期など、
このブリージングウォークは鼻の通りを良くするのに効果があることを確かめた。
また呼吸を意識し、力を抜いてリラックスした状態で歩くのは気持ちが落ち着く。

もう一つ、バーストブリージングという小刻みに行う呼吸法がシステマにはある。
精神的、肉体的にヘビーな状態やパニックを回避するために用いる。
例えば強い打撃を受けた後にバーストブリージングで回復させる。
緊張する場面で用いて、気持ちを落ち着かせることにも使える。

高山病になると頭痛や吐き気などで下山を余儀なくされる。
7月の富士登山の時、常に一歩ずつ呼吸を意識し、
きつい所ではバーストブリージングを試みた。
徹夜いわゆる弾丸登山をやったが高山病にならずに
比較的に気分良く頂上に辿り着くことが出来た。

今回の蛭ヶ岳登山も何度もアップダウンを繰り返しハードな所も結構あったが、
肉体的精神的疲労を呼吸で乗り越えることが出来た。

e0203762_848227.jpg

肩の力を抜くことと呼吸を意識しながら淡々と登っていく。

システマは登山の練習になるし、登山はシステマの練習にもなると気付いた。
肉体的にも精神的にも良い影響を与えることを含めて。



天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/21294678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2013-11-08 08:51 | システマ | Trackback | Comments(0)