トウリーディング




昨日は大田文化の森で行われたWATASHI見本市に行ってきました。

というのもフラメンコダンサーでコーチャーでセラピスト
でもあるクライアントさんから招待されたから。
息子も行きたいというので同伴で。

息子を子どもが楽しめるブースに預けて、
クライアントさんが主催するレクチャーを2つ受けて来ました。
その中の一つがトウリーディング。

トウリーダーと呼ばれる足からその人がどのような人生を歩んで来て、
現在の状況、果ては今後の人生について読むプロフェッショナルの前で裸足になります。

普段首を診させて頂いてる私が反対に足を診て頂いたわけですが、
足をまじまじと見られるのは初めてだと思う。
そこから自分が見透かされる感じが少し恥ずかしいような、
なんとなく恐いような。

右足、左足の指それぞれに意味があり、長さ、形状や色、
指と指の間隔などからその人のことが読み取れるという。
私も色々指摘され、短い時間だけど沢山頷いてきました。

興味深かったのは私の足の指について
色々お話を聞いている数分の間に、指の間隔や形が変化してきたこと。

脳に入った情報が私の感情、
もしくはもっと深い部分に入ってきて作用したのか分からないが
足の表情が変化したのは確か。

指の動きが柔らかいから柔軟性があるとのこと。
考えがガチガチな人は指に柔軟性がなく動かないそうです。

また、精神的に追い詰められていたり窮屈な時は、
足の指の間隔もなく閉じて固まっているとのこと。
本当、身体っておもしろいですね。

普段、首をボキボキしないとか頬杖しないとか
首に対して気を使うのは習慣になっているけど、
足の指には特に関心ありませんでした。

でも不思議なことに、少し足の指に愛着が沸いてきたというか、
可愛いなという感じがしています。

それは自分はこうであるとか、
勝手に自分はこうでなければという考え方の癖のようなものがあり、
無意識に自分に嘘をついていることがあるかもしれません。
それが足の指は嘘をつけずに開けっ広げで、今という自然を表現している。

人生を豊かに生きているか、心の底からワクワク楽しんでいるか、
そういうことで足の表情は変わるそうなんです。
人生のバロメーターなのですね。

昨日、確かに足の表情が変わったのを見たので
今朝目覚めて再度見てみました。

これ、日課になりそうです。


天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/21368768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2013-11-24 12:10 | 日常雑記 | Trackback | Comments(0)