無意識でやっている習慣から身を守る




10年ほど上部頸椎ケアにいらして下さるクライアントさんから
アジャスト後の安定を長く保てる予防法を考えて欲しいと言われました。

以前よりアジャスト後の安定が良くないと思われていたのです。
実は私もそのクライアントさんの事を同じように思っていました。
只、得てしてこのような場合、新たな予防法の実行(プラス)よりも
現在の生活を見直して悪い習慣を取り除く(マイナス)の方が有効である場合が多いです。

そこで「ここ数年、新しく始めたことで首に負担を掛けている
ようなことは思い当たりませんか。」と尋ねました。

クライアントさんは50代前半ですがフィットネスクラブで
トレーニングもしていて見た目も若いです。

「もしかしたら今やっているトレーニングの一つに問題があるかな。」

只、そのトレーニングは週1で行われていると言われてたので、
「もっと日常的なことで、ここ数年生活に入り込んできたことはありませんか?」と尋ねました。

ある一つのことが脳裏に浮かびました。




ス・マ・ホ





使い始めて2,3年だとしても、
生活への浸透度はかなり深いですし、
今では歯磨きと同じように習慣として定着しています。



「確かに10年前、5年前には無縁だったことだ。。」

とクライアントさん。



余談ですが、私は未だにスマホユーザーでなく、ガラケーを使っています。
通勤は自転車でスマホを見ることが出来ないし、
オフィスも自宅もネットには常時接続してあるので、これまた使う必要がない。
LINEやアプリの利便性も知らずに過ごしています。

そんな私が言うのは何ですが、


「スマホを目の高さに近づけて、頭が下がらないように意識すること」


これはアジャスト後の安定を保つ予防というより、
ストレートネックの予防法なんだけど、
「こんな姿勢でやったら目も腕も余計に疲れますよ。」というような声が聞こえてきそうです。

「仰るとおり。そう思われたら一旦スマホから離れましょう。」ということですよね。

前にも書きましたが、
頭部の重みは5kgあり首を10度傾けると掛かる負担は2倍ということですから。

日常的なスマホ姿勢、
厄介なのが無意識にそういった良くない原因を作っているところなんです。


「スマホを目の高さに近づけて、頭が下がらないように意識すること」は
その無意識の予防なのかもしれません。


天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/21646927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2014-02-04 13:15 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)