身体における真の自由とは ~自然治癒力より大きなこと



今日は少し真面目なことを書こうと思います。

先日、初めて上部頸椎のアジャストメントを受けられた
クライアントさんが二度目にいらした時にアジャスト後数日は
嘘のように長年の便秘が解消されたと言われていました。

このブログでも何度も書いていますけど、
上部頸椎カイロプラクティックは病気や症状の治療が目的ではなく、
クライアントさん自身の自然治癒力を存分に発揮させ自らの力、
つまり身体の外部からではなく内部より機能回復することにより
体調の改善を促すことが目的です。

それでは何が身体を改善させるかというと、
病気、症状に対して治療をしないことから便宜的に
自然治癒力や自己再生力というような言葉を用いていますが、
本当は自然治癒力も含めたより大きなことが身体を改善させます。


運動 再生 知覚 排泄 生殖 同化 分泌 免疫 適応 吸収


というように私たちの身体には生命体の特性として、
これらが備わっています。
これら10の単語の後に“力”“機能”という言葉を続けるとイメージしやすいかもしれません。

それは生きている私たちには“力”があり“機能”させる知能が備わっているからです。

同時に“障害”や“不全”という言葉も後に続く場合もありますよね。

つまり“力”も“機能”も“障害”や“不全”も生命体である私たちのことであり、
生きている証であるわけです。
当然ながら死体にそれらはありません。

一般的には機能障害、機能不全を起こした結果に病名が付き、
それらの治療をします。

では何が機能障害を齎したかということに関しては
生活習慣など色々ありますが、ここでは上部頸椎カイロプラクティックの観点から
神経伝達ということに触れましょう。

1858年にヘンリー・グレイによって著された「人体の解剖学」(グレイズアナトミー)に
既に人体は神経系によってコントロールされていると書かれています。
ここまでは医療的にも周知の事実。

ここで医療では認識されていないカイロプラクティックの常識があります。

それが上部頸椎の変位は神経伝達妨害を引き起こすということ。
それを我々はサブラクセイションと呼び、それを取り除くためにアジャストメントを行うわけです。

冒頭のクライアントさんの便秘が良くなったのは
広義に捉えれば自然治癒力によってですが、
正しくは上記した生命体の特性の中の排泄機能が回復したということです。

自然治癒力は再生機能や免疫を指し、生命体の特性の中の一部に過ぎません。


私たちの身体における真の自由とは、
生命体として、その授かった特性を如何なく発揮出来ている状態をいうのではないでしょうか。


医療機関で異常なしと言われたが体調が優れない方や
様々な治療を受けて来られたが良くならなかったと言われる方で
上部頸椎一ヶ所のアジャストメントで良くなったと実感される方がいらっしゃいます。
その度にこのことが頭に浮かびます。

“からだに自然を取り戻せ!”


天野カイロプラクティック・オフィスのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会のサイトはこちら
www.specific-mobi.jp  携帯サイトはこちら
f0206446_18362488.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/21702862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2014-02-19 17:06 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)