ヒューマンハンド


左腕の痛みと痺れ、左肩甲骨あたりの痛みが
一ヶ月間ほど続いているというクライアントさんがいらっしゃいました。

アジャストして、一週間後、その2週間後、その一ヵ月後
と検査にいらっしゃいましたが、いずれも検査で問題ないので
ノーアジャスト(調整なし)でした。

症状の方も完全に消失しましたので、
今回はひとまずこれで終了ということとなり、
気になった時にいらしてくださいということになりました。

初回時にこれまでの経緯を聞いていると、
処方された鎮痛剤に効果がない旨を伝えると違った鎮痛剤を
使うことになったが芳しい結果は得られなかったとか。

また、ゴッドハンドと呼ばれている整体も受けてきたとか。
すかさず、「ウチはゴッドハンドじゃありませんから。」と伝えました。
「ヒューマンハンドです。」と。

上部頚椎カイロプラクティックのことを「不思議だわ」と言われていましたが、
クライアントさん自身の機能回復する源にアプローチして、
それに全てを委ねるという方法ですからね。
鎮痛剤でもないし、決してゴッドハンドでもないわけです。

色々な治療を受けて来られた後に、
上部頚椎の調整のみで劇的に回復すると、
一体なんなんだという気持ちになる人は少なくありません。

只、当たり前だけど全ての人がそうではないということ。
これまでの過程や生活習慣、症状の状態によっても違ってきます。

ということで、
これからも「ヒューマンハンド」に磨きを掛けなければ。
それはクライアントさん自身に内在するゴッドにアプローチできる手です。


天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/22358132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2014-09-04 18:22 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)