自然は助けを必要としない






先日、初回でいらしたクライアントさんに飾ってある言葉の意味を話した時のこと。

e0203762_14441295.jpg


クライアントさんは感激された様子で
「私たちは常に助けられているんですね。感謝しなくちゃ。」と言われました。

思わず「その通りです!」と少しボリューム大きめで答えている私。
何故かというと、
上部頸椎専門カイロプラクティックを始めた時に気付いたことが一瞬脳裏に過ぎったからです。



Nature Needs No Help.  自然は助けを必要としない。

                      B.J.パーマー(上部頸椎カイロプラクティック創始者)の格言



を知った時、少なからずショックを受けました。


それまでは

・私が○○さんの自然治癒力を高める。
・私が○○さんの自然治癒力を引き出す。
・私が○○さんの自然治癒力を補助する。

というような思いで治療をしてきたからです。

それが当たり前だと思っていました。


私たちは太陽光、風力、地熱というように自然の力をエネルギーに転換し恩恵を得ていますよね。
これはあくまで狭い範囲での例えですけど。
それに対し、自然の力は私たちの助けなど何も必要としていません。


自然治癒力とは何でしょう。


それは身体に備わった自然の力です。



Nature Needs No Help.


この言葉は身に沁みました。

その時、
「これまで、なんておこがましい思いで治療をして来たんだ。」と痛切に感じたんです。


「私が自然の力を高めるだと。。」


そして気付きました。


私たちの内部に存在する自然の力は、
病気や怪我、どのような状況下にあれ、私たちを常に助けてくれているのだと。


この時、
上部頸椎専門カイロプラクティックの教えと私の気付きが一致。


“一切の治療行為は止めよう。”

“自然治癒力を高めるという意識も捨てよう。”

“全面的にクライアントさんの内在する自然の力にお任せしよう。”



自然は助けを必要としない。

上部頸椎専門カイロプラクティックと出会ってから、この言葉が臨床の基盤です。
アジャストメント、調整という言葉を用い、治療という言葉は使いません。
身体を治すのはクライアントさん自身の自然の力で私が治療する訳ではないですから。

結果、アジャストメントの意味、意味のあるアジャストメント。
必然的にこれが明確になります。

着目する所は症状ではなく、自然の力が充分に働いているか否か。
そこに尽きますね。


天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/22432210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2014-09-30 14:53 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)