自然治癒力に委ねるということ




・自然治癒力を高める
・自然治癒力を引き出す
・自然治癒力を補う

これらは治療法・健康法・サプリメントにおける常套句ですが、
実際にそれらによって

・高まったのか
・引き出されたのか
・補われたのか

を客観的に確認することは難しく、
それらを試した方が効果があったと言うことが、
その証明になっているようです。


上部頸椎専門カイロプラクティックでは、

・自然治癒力に委ねる
と言います。

これは明確です。
何もしないということですから。


上部頸椎のアジャストメント後、

・他の治療と併用して良いですか。
・健康器具の使用を続けていいですか。

と聞かれますが、
出来るだけ何もしないで下さいと伝えるのは、
からだの内部から外側に向けて働く自然治癒力に委ねるので、
外側から刺激を与えて邪魔しない下さいという意味が込められています。


昨年9月からいらしているクライアントさんの話です。

過去に自転車で転倒し、頭蓋硬膜外出血、
その後、頚椎椎間板ヘルニアになられた方です。

昨年4月より
・左肩甲骨から脇に掛けての痛み。
・首を真っ直ぐしてから前へ曲げた時の痛み。
・味噌汁を飲む時に少し反る為に首がとても痛い。
・左の肩甲骨から脇にかけて痛い。
・ひどいときは右も痛む。

ということでいらっしゃいました。

最初はアジャスト後2週間後、次はその3週間後、
次はその1ヵ月後、その後は2ヵ月に一回というように間を空けていらして頂いています。
これも自然治癒力に委ねるためです。

3回目から首がだいぶ動かせるようになり、
4回目(初回時から2ヵ月後)には神輿を担がれたそうです。

そして今回(初回から半年後)、この2ヶ月間は如何でしたかと聞いたら、
ここ十年で一番調子が良いという事でした。
理由は便秘が解消されたから。

「便秘?首のヘルニアではなくて?」と聞いたのですが、
当初の症状は4,5ヶ月前からないそうで、
それに加えて長年の便秘が良くなったとの事。

一週間ないのは当たり前で、ひどい時は一ヶ月なく、
その時はもう大変なことになるそうです。
それが今では二日に一度は出るとのこと。
「これほど快適とは。」と仰ってました。

ちなみに私は重度の便秘だと、この時初めて聞きました。
当初はヘルニアが辛すぎて、カルテにも一切便秘に関しては書かれていません。

果たして頚椎ヘルニアの治療をしていたら、便秘も改善されたのでしょうか。
自然治癒力に委ねたからの結果です。

このような事は、これまで何度も経験しましたが、その度に感動します。


天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/22877082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2015-03-14 10:45 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)