ありがとうシステマ





ロシア武術システマを学んでいます。

先日、突然身に降り掛かってきたことを
思わぬ形で対処していたとインストラクターに話しました。

そのことを彼がブログに書いてくれました。
ヨシさん、ありがとう。


「システマ入門」(北川貴英著)には、このように書かれています。

ミカエルは「自分の型を見つけなさい」と言っています。例えば山田さんなら「ヤマダ道」、佐藤さんなら「サトウ道」といったように、自分自身のあり方を確立しなさい、と教えています。なぜなら戦場などの極めてストレスが強い状況下では、誰かから学んだ知識や技術などは簡単に頭から吹き飛んでしまうからです。そうした時に本当に自分を守ってくれるのは、自分自身の中から生まれた「自分の型」の他にありません。


この一節を読んだ時、何か感じるものがありました。
そして、もの凄く興味が湧いたことを覚えています。

技を覚えるのではなく、システマの原則を身体に落とす。
身体に落とせば絶対に忘れない。
このことを念頭においていつも練習しています。


素直に、努力しない

これは自分の中で心掛けていること。

インストラクターや練習仲間のアドバイスは何でも素直に聞く。
それをやり続ける。
そして「何としてでもやってやろう」というような気負いや一生懸命さは省く。
「アマノ道」にはこれがいいかなぁと。

勝ち負けがメインとなると、また違ったスタンスになっていたかもしれない。
只、原則を身体に落とすには、赤子になるべきだと思ったのです。

教育を受けていない子どもは余計なことを考えません。
アドバイスに対して「ちょっと、違うんじゃない」なんて考えず黙々とやります。
それも努力しないで。

このことだけを集中して行なえば、
誰かと比べて上手だ下手だとかいう話はどうでもよくなります。
比べるのは半年前、一年前の自分。
一年前はハイハイだったけど、気が付けば動き回って手が付けられない。
これが理想だと思って練習しています。

とはいえ、自らの健康と楽しい練習仲間があってこそ出来ることなので、すべてに感謝です。

ありがとうシステマ。


天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/22884900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2015-03-17 13:05 | システマ | Trackback | Comments(0)