続・自然治癒力に委ねるということ





昨日2週間前に初めてアジャストを受けられた方が
検査にいらっしゃいました。
検査結果も良くノーアジャストだったのですが、報告があったのでそれを書きます。

1.以前から後ろに飛び出ていた第7頸椎か胸椎一番がへっこんだ。
2.前に出ていた左の肋骨が戻った。
3.8年くらい前に育児時になった右手腱鞘炎の所が少し痛んだ。

1.は、第一頸椎を調整することで上から下に向けてドミノ倒しのように
 背骨が調整されているんだと思います。
2.は、クライアントさん自身曰く、身体の捻じれが取れて良くなったのかも。
3.は、好転反応。当時、仕事に支障を来たすほどの痛みがあったそうです。
 以前の痛みはないが腱鞘炎になる前の状態にはなっていなかったということ。
 脳からの神経伝達で身体の問題箇所に何かを感じることはよくあります。
 つくづく身体って不思議ですね。

この3つのこと、いずれも事前に聞いていないし、カルテにも書かれていないこと。
それでも自身の自然治癒力が必要に応じて調整していくんだなぁ~と。
毎回だけれど、このような報告を聞くのが楽しみです。

それでは、良いゴールデンウィークを。
 

天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/23048103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2015-05-03 12:47 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)