上部頸椎アジャスト前後の姿勢変化(6歳児)

今朝、前記事の娘さんの写真を快く「どうぞ載せてください。」とお電話を頂きました。
感謝です。


時々、クライアントさんから子どもや孫を受けさせたいとか、
幼稚園の子に受けさせても大丈夫ですかという質問を受けますので、
お子さんの写真を掲載させて頂くことは、とても有り難いです。




e0203762_11183544.jpge0203762_111955.jpg























右の写真がアジャスト前。
髪の毛で分かりづらいですが、顔は完全に右を向いています。
頭の位置が正中から外れる分、左肩を下げたり骨盤を右へ移動させて
頭を正中に近づけようと立っています。

勿論、この立ち方は6歳のクライアントさんが考え立っている訳ではありません。
自身の脳がそのような姿勢をさせているわけです。

左の写真がアジャスト後、40分ほど仰向けで休んでいただいた後の姿勢。
調整前の歪みは消えています。
痛いとも言わなくなりました。

首の一ヶ所をほんの軽く触れただけで、こんなに変わるのです。

ちなみにどれ位の圧かというと
豆腐の表面を押すくらいの圧と教わり、トレーニングしました。
是非一度、豆腐の表面を中指の指先で軽くポンっとやってみて下さい。
当然ですが豆腐を潰しては駄目ですよ。


天野カイロのご案内
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/23910836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2015-11-28 11:27 | 姿勢変化 | Trackback | Comments(0)