“幸福”を追うと、“満足”から遠ざからねばならない




いや〜雪ですね。
54年ぶりの。
生まれる前の話ですけど。

こんにちは。
イネイトでライフチェンジ。
天野カイロです。


雪とは関係ないけど、
今日は先日、新幹線の中で読んだ本のことを少し。

e0203762_09364723.jpg

 
 
 
 “幸福”を追うと、“満足”から遠ざからねばならない。
 
 
 幸福とは何か、幸福とはどのような状態か、幸福はどのようにしてはかるのか?

 ほとんどの人は幸福は得ることによってはかっている。

 もう一つの方法は失うことによってはかることである。

 この方法は健康と病気の関係に似ている。

 私たちは健康な時には、健康であることをさほど喜ばない。

 健康を失ったときに、健康を取り戻そうと願うのである。

 病気は、痛み、苦しさといったように、体に感じることができる。

 ところが、健康は体に感じないのだ。

 案外、幸福も、幸福な時には、感じないのではなかろうか?

 失ったときに、はじめて、痛さや、苦しみを味わうのである。

 そして、人々はそうなってからよく、「私は幸福だったのだな」と感じる。

                   (ユダヤ5000年の教え より引用)

[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/24956529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2016-11-24 12:00 | | Trackback | Comments(0)

杉並区久我山の上部頸椎専門カイロプラクティック   天野カイロの日々のアレコレ


by amakatsu