カイロプラクティック哲学・科学・芸術




のスライドショーを更新しました。


テーマは哲学・科学・芸術。


最初にこの事を学んだ時、
率直に哲学?科学?芸術?と思いました。


哲学は哲学者、科学は科学者、芸術は芸術家の領域。

それと何の関係があるの?



実際は
カイロプラクティックにおける哲学
カイロプラクティックにおける科学
カイロプラクティックにおける芸術のこと。


只、この3本柱の上に成り立っていることは確かで、
一つでも欠けるとカイロプラクティックではありません。


補足になりますが、
カイロプラクティックは大きく2つの流派に分かれています。

一つが“医学知識”を基盤としているカイロプラクティック。
もうひとつが“哲学”を基盤としているカイロプラクティックです。

一般的に知られていて、いわゆる普及しているカイロは前者。
私が実践している上部頸椎カイロプラクティックは後者です。


“医学知識”を基盤としたカイロプラクティックからしてみれば、
哲学・科学・芸術の3本柱の一本が欠けて・・という話をしても、
「は?」で終わってしまうのではないかと思います。
別にそれは良いとして、2つあるということを覚えておいてください。

また、カイロ=整体と思われている方も多いですが、
しっかりとした理論体系のある整体とも異なります。


体調不良を抱えてオフィスにいらした方に
こんなことまで話をすることはありませんが、
「以前受けたカイロと全然違います。」と言われる方が
少なくありません。


それはズバリこの違いだと思います。


来月はこのあたりの事(哲学・科学・芸術)やイネイトのことなど
少しずつ書いていこうと思いますので、興味があれば見て下さいね。

イネイトでライフチェンジ。
天野カイロでした。




[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/24982450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2016-11-29 22:05 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)