システマ吉祥寺での一年を振り返って






こんにちは。
イネイトでライフチェンジ。
天野カイロです。




昨夜はシステマ吉祥寺の稽古納めでした。


毎年この時期、年末になるとインストラクターのヨシさんから

「天野さん、今年は上達したね。」と言ってもらってます。

いくつになっても、褒められるということは嬉しいものですね。


これもインストラクターをはじめ、練習仲間のおかげです。

私は単純に楽しみに行っているだけ。

それは仕事する時の自分、夫としての自分、父親としての自分でもない
ある意味、素の自分に戻れる瞬間があるからです。


グラウンドで取っ組み合いをして、
床がビショビショになるほど汗をかき、
脈も速くなり、呼吸もハ―ハ―。

たとえ日々の考え事があったとしても、
ナイフや対複数で攻撃されれば、
そんなことは頭に浮かびません。

“その瞬間”だけに集中しています。

正にマインドフルネス。



難しいことは考えず、ただ楽しむだけ。

その場に身を置くことが一番重要だと実感しています。


海外生活した人に話を聞くと、
子どもの語学の吸収力は凄いらしいですね。

おそらく努力はしていないでしょう。
その場に身を置くだけで、勝手に吸収するものです。


私も年を重ね、常識、経験など白紙に近い子どもに
比べれば、教育された脳にある意味、毒されている部分もあるのですが、
システマの時だけでも、純粋に子ども時代のようにイネイト100%で楽しんでいます。



吉祥寺は基本、放置プレイ。
インストラクターが、あーだ、こーだ、色々言いません。

デモ見せて「これやって。」

後は子どもが自由に絵を描くように、
キャリアに関係なく、みんな楽しくシステマやっています。


只、完全に放置ではなく、
インストラクターはしっかり見ていてくれているんです。
そして多くは語らず、一言。

「動き止めないで。」

「手元だけ見ない。」

「離れすぎない。」

という感じで、今のその状況から、
さらっとアドバイスしてくれます。

すると、そこを意識して動くようになる。 

それを繰り返すうちに、身に付く。

再び時間が経って、忘れた頃に同じアドバイスを受けたら
まだ身に付いていないということ。

普通に出来ていれば、潜在意識に落としているということ。



振り返ると、その繰り返しの一年ですね。

何よりも楽しいのが一番。


だからこそ、こういう場があることが有難いし、
縁で繋がった仲間と練習できることが幸せです。

今年も一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。



















[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/25088344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2016-12-29 12:00 | システマ | Trackback | Comments(0)