初回時に気にかけていること






こんにちは。
イネイトでライフチェンジ。
天野カイロです。




検査で皮膚表面温度を計り、
重心、姿勢のチェック、
触診、手足の長さの長短差などを調べ、
クライアントさんの神経伝達妨害パターンを記録します。


ここで注意しなければならないことが、
初回時は確実にはパターンを決定出来ないということ。

あくまでパターンの傾向として見ます。

再度数回チェックを受けられて、パターンが決定されます。


例えば、
検査数日前に、マッサージや整体などを受けられている場合。
筋肉や骨格を操作された後の素の状態でない可能性もあるからです。

ですので、参考のため「直近でいつ受けられましたか?」と聞いてから
検査するようにしています。






[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/25167006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2017-01-16 13:19 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)