おいしい患者さん






こんにちは。
イネイトでライフチェンジ。
天野カイロです。


先日、頂いた本。
9割の病気は自分で治せる 岡本裕著

e0203762_12103514.jpg

医学博士である著者によると、

病気は3つのカテゴリーに分けられるとのこと。

カテゴリー1 医者がかかわってもかかわらなくても治癒する病気
カテゴリー2 医者がかかわることによってはじめて治癒にいたる病気
       言い換えると、医者がいないと治癒に至らない病気
カテゴリー3 医者がかかわってもかかわらなくても治癒に至らない病気


そして

カテゴリー1の方が、残念ながら数多く病院に押し掛け、おいしい患者さんになっているのが現状です。

と書かれています。



それでは、何がおいしい患者さんなのでしょうか。

カテゴリー1の患者さんは、ほとんどが慢性疾患ですので、うまくすれば、ずっと通ってきてもらえます。すなわちリピーターになってもらえる「上得意客」なのです。しかもカテゴリー1ですから、原則的には命にかかわることもありません。かといって慢性疾患ですから、ずっと薬を処方し続けても法的になんら問題は生じません。決してトラブルになることもないでしょうから、医療裁判に巻き込まれるリスクもないことです。

分かってましたけど、経営の安定のためですね。
私はなりたくありません。

[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/25249649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2017-01-30 12:00 | | Trackback | Comments(0)

杉並区久我山の上部頸椎専門カイロプラクティック   天野カイロの日々のアレコレ


by amakatsu