上部頸椎カイロプラクティック

ズバリ!首がなぜズレるか説明しましょう






こんにちは。
イネイトでライフチェンジ。
天野カイロです。



身体は左右非対称です。
鏡で顔を見ても分かりますよね。

・目の大きさ
・耳の高さ
・口角の高さ など

個人差はありますが、対称ではないのです。

勿論、それは異常ではありません。



頭蓋(頭と顔)は15種23個の骨で構成されています。

自分で確認することは出来ませんが、
後頭骨と第一頸椎の接合面にも左右差があります。
後頭環椎関節という名の関節です。
平たく言うと頭と首の繋ぎ目です。

後頭骨側の接合面を後頭果と言います。
第一頸椎は必ず後頭果のラインに沿ってズレます(スライドします)。
したがってボキボキする調整では上部頸椎の調整は出来ません。

e0203762_18332208.png

また、第二頸椎の歯突起の関係から
第一頸椎は前方へスライドします。(構造上、後方にはいかない。)

e0203762_18413072.jpg



事故(後方から追突)や外傷はもちろん、
顔が前方へ突き出るようなPC作業を日々続けていると、
第一頸椎は前方へスライドし、同時に後頭果の勾配の強い側に変位します。


結果、後頸部が緊張し、頭痛や肩コリ、首が動かせなくなったり、
肩甲骨間の痛みや背部痛に繋がります。

そして上部頸椎の安定が悪くなり、頭部が正中から外れると、
頭部を中心に保つために、補正する働きが背骨や骨盤に起こります。
それが歪みです。

※一般的に歪みが治療対象になっています。
 但し、歪みの原因は手付かずなので、首の安定が良くないと再び補正作用により歪みます。
 その繰り返しに気付いている人は多くありません。


歪みにより負担の掛ったところは緊張し、血流が悪くなり、関節の可動域も減ります。
症状が現れるところは人それぞれ。
つまり、上部頸椎の状態により身体は首根っこが掴まれた状態になるのです。


また、上部頸椎領域には生命活動(呼吸、心臓、血管運動)を司る中枢である脳幹
が位置しているため、自律神経に支障を来たし、イネイトの働きを阻害し、
心身共に充実できない状態を生み出します。


アジャストメントは、その解放であり、本来の自分を取り戻す手伝いです。


結論として、
実際には自覚のあるなしに関わらず、
多かれ少なかれほとんどの人に上部頸椎のズレはあります。

それは先述したように

・頭と首の繋ぎ目の勾配が左右対称でないこと
・頭が約5㎏と重いこと
・頭と首の繋ぎ目には椎間板というクッションがないこと

但し、レントゲンでしっかり確認できるような
・骨がつぶれている
・骨と骨の間が狭くなっている
・骨がはっきりと横にズレている

というような状態ではなく、
上部頸椎に限っては「首のすわりが悪い」「首の安定が悪い」
というような表現が私にはしっくりきます。

首の安定が悪くても生きていけますし、
意識することなく一生を終える人がほとんどです。

只、ここ一ヶ所の調整で健康を取り戻す人が多いことも事実です。




















[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/25430694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2017-02-25 12:00 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

杉並区久我山の上部頸椎専門カイロプラクティック   天野カイロの日々のアレコレ


by amakatsu