最近のこと





少し前のことですが
昨年12月にアジャストを受けられた方が
5月にチェックにいらっしゃいました。

検査結果は脊柱両側の温度をはじめ、
重心、足圧分布、手足の左右差、
すべてにおいて良くなっていました。

ということで、
調整なし、ノーアジャストで様子を見て頂くことに。


「ところで、最近調子は如何ですか?」
その時は検査した後に聞いてみたんです。

「実は車当てられて、それから腰が痛いんです。」


なんと先月、交通事故に遭っていたのです。

もし検査前に、その事を聞いていたら
おそらくサブラクセイションはあるだろうという
先入観を持って検査していたかもしれません。


しかし検査結果は一目瞭然、
少し拍子抜けした様子でしたが、
アジャストしないで様子をみてもらうことになりました。

こういうこともあるのです。

あれから3ヶ月後の先日、
奥様がチェックにいらっしゃいました。

ご主人のことを尋ねると、
しばらく腰が痛いとは言われていましたが、
今は何も言わなくなったとのこと。


自然に良くなっていったのか、
痛いけど何も言わなくなったのか、
本人に聞かなければ分かりませんが、
ひとまずアジャストしなくて正解だと思いました。

事故の衝撃で腰痛という症状は出ていましたが、
自然治癒の妨げになる首のズレには問題がなかったということです。

[PR]
トラックバックURL : http://amanochiro.exblog.jp/tb/25961227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by amanochiro | 2017-08-05 17:07 | 上部頸椎カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)